fbpx
  1. TOP
  2. クレジットカード
  3. デルタスカイマイルゴールドのポイントサイトとキャンペーン比較!ハワイ無料+ゴールドメダリオンでラウンジ利用!

デルタスカイマイルゴールドのポイントサイトとキャンペーン比較!ハワイ無料+ゴールドメダリオンでラウンジ利用!

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、デルタスカイマイルゴールド)は、デルタ航空とアメックスが提携発行をしているクレジットカードです。

このカードはデルタ航空のスカイマイルを貯めたいと考えてる方にオススメのカードです。

「デルタ航空って?」「スカイマイルってANAマイルと比較してどっちが得なの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、このあと詳しく解説しますので安心してください。

ちなみに、僕の個人的なデルタ航空のスカイマイルのオススメの使い方は「ハワイ・ホノルル便の往復」です。

ハワイ・ホノルルまでの往復に必要なマイル数は、54000マイル~80000マイル(時期によって変動あり)です。それに対して、今回のキャンペーンでは最大62000マイルがGETできます。このカードの年会費(26000円+税)が簡単にペイできて、無料でハワイに行けるかもしれないような信じられないくらいお得なキャンペーンを開催しています。

どうですか?ちょっとは興味を持ってもらえましたか?(笑)

デルタ航空に興味がある方、ハワイが大好きな方には面白いカードになっています。

この記事では、このカードの特徴と、現在のキャンペーン、お得な申し込み方法、ラウンジの利用、デルタ航空の概要、ハワイ好きへオススメの使い方、等について解説をしていきます。

少しでもデルタスカイマイルゴールドに興味がある方は、是非この続きも読み進めてください。

目次

デルタスカイマイルゴールドの公式サイトからの申込みの特典は?

デルタスカイマイルゴールドには、現在3つの申込み方法があります。

その中で、残念ながら、いちばんお得感が少ないのが公式サイトからの申込みです。

・新規入会で8000ポイント

・入会から3ヶ月以内に40万円のカード利用で10000ポイント

・入会から6ヵ月以内にデルタ航空のビジネスクラス航空券の購入で25000ポイント

等の特典はありますが、他の申込みと比較すると弱いのは否めません。

デルタスカイマイルゴールドのポイントサイト経由での申し込みの特典は?

2つ目の申込み方法はポイントサイト経由でカードを作る方法です。

主要ポイントサイトの特典状況を調べてみましたが、ここ最近はずっと2000円程度のキャンペーンです。

ポイントサイト 獲得ポイント 金額換算
ハピタス 2000ポイント 2000円
モッピー 2000ポイント 2000円
ポイントタウン 40000ポイント 2000円

どこのポイントサイトでも2000円相当のポイントが付いてきます。公式サイトよりは少しお得にはなりますが、年会費(26000円+税)を考えると、少し物足りないですね。

もっとお得な新規入会キャンペーンに興味がある方のために、最もお得な申込み方法をご紹介します。

デルタスカイマイルゴールドの最もお得な申込ができるのは本サイトから

新規入会キャンペーンのボーナスポイントってどのくらい?

アメックス系のカードといえば、新規入会のキャンペーンで簡単にポイント(マイル)を貯めることができます。

・本サイトからの新規入会で13000ポイント

・入会から3ヶ月以内にカードの決済があると1000ポイント(計14000pt)

・入会から3ヶ月以内に15万円のカード利用で5000ポイント(計19000pt)

・入会から3ヶ月以内に30万円のカード利用で15000ポイント(計34000pt)

・30万円のカード決済で3000マイル(計37000pt)

・入会から6ヵ月以内にデルタ航空のビジネスクラス航空券の購入で25000ポイント(計62000pt)

最大で62000ポイント(62000マイル)が獲得できる超お得なキャンペーンです。

公式サイトやポイントサイトの申込みよりも、本サイト申込の方がメリットが満載のキャンペーンとなっています。

しかし、今回のキャンペーンはこれだけではありません!

ファーストフライト・ボーナスでもっとお得に

さきほど「入会から6ヵ月以内にデルタ航空のビジネスクラス航空券の購入で25000ポイント」というキャンペーンについて少し触れました。

これが「ファーストフライト・ボーナスポイント」といって、ビジネスクラスの搭乗で25000ポイント、エコノミークラスの搭乗で10000ポイントが獲得できるキャンペーンです。

6ヵ月以内に旅行を検討されている方には絶対オススメのカードです!

62000マイルより価値がある?デルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」になれる!

今回のキャンペーンの目玉は、このカードに入会するだけで、デルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」になれるという、とんでもない特権です。

カードを作った初年度は無条件でゴールドメダリオンになれて、2年目以降は前年のカード利用額が150万以上だとゴールドメダリオンを継続できます。

ちなみに、このキャンペーンに頼らずに自力でゴールドメダリオンになろうとすると「1年間にデルタ航空で60回飛行機に乗るかorデルタ航空で50000マイル分のフライトをする(ハワイを7往復)」が必要になります。ちょっと現実的には難しいレベルだと思います。

そんな凄い特権がいまならこのカードを作るだけで手に入るわけです!正直、この権利だけで年会費(26000円+税)なんてどうでもよくなるレベルです!

・・・と、僕がどんなにゴールドメダリオン、ゴールドメダリオンと興奮気味に言っても、あまり凄さが伝わっていない気がします(笑)

ということで、もう少しだけこのゴールドメダリオンについて説明させてください。興味がある方は続きをお読みください。

ゴールドメダリオン(上級会員)はここが凄い!

ゴールドメダリオンの会員になると、デルタ航空だけでなく、同じスカイチームの航空会社でもゴールド上級会員の権利が取れます。つまり提携のスカイチームの世界中の空港のビジネスクラスのラウンジが自由に使えます。非常に人気の特典です。

その他にも、搭乗口で優先的に機内へ案内がされたり、空港での荷物を優先的に受け取れたり、満席時のキャンセル待ちも優先的に案内してもらえたり、搭乗時に貯まるマイルも一般会員よりもたくさん貯まります。

※マイルの貯まり方は後ほど詳しく解説します。

ゴールドメダリオンの特典はあまりにたくさんあるので、この記事の中だけでは全てをお伝えできません。

その中でも僕がいちばん好きなサービスといえば、座席の無料アップグレードの特典です。エコノミークラスで予約をしていても、座席に空席があればワンランク上の「デルタ・コンフォートプラス」という座席に変更をしてくれます。プレミアムエコノミー相当のゆったりとした座席で国際線のフライトを快適に過ごすことができます。

同乗者も1名まで無料でアップグレードがあるので、めちゃくちゃお得です。通常のエコノミーとプレミアムエコノミーの価格差は、2万円〜4万円くらいです。同乗者と合わせて2名なら、4万円~8万円くらいがお得になります。

この無料アップグレードだけで年会費はペイできるレベルです。

本サイトからの紹介で申し込みするには

ここまで紹介してきたキャンペーンは、62000マイルを獲得できて、さらにデルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」になれるというものです。

少しでも興味があれば、まずは下記のボタンから問い合わせだけでもしてみてください。すぐにそこに詳しい申込方法が載ったメールが届きます。

そちらをご覧になって申し込みを希望されれば、そのまま本サイトの紹介扱いで申込みすることも可能です。

その方が公式サイトやポイントサイトからの申し込みよりも新規入会のボーナスポイントが多く貰えますのでお得です。

  

デルタ航空ってどんな航空会社?

まずは、このカードの名前にも入っている「デルタ航空」とはどんな航空会社なのか、簡単に説明します。

デルタ航空とは、1928年にアメリカ(ルイジアナ州)で創業した世界的にも最大手の航空会社です。

6大陸の全て(65カ国、約330都市)に就航する非常に限られた数少ない航空会社で、現在は毎年2億人近くが利用しています。

そのデルタ航空と、クレジットカードのアメックスが提携した作ったのが、このデルタスカイマイルゴールドです。

スカイマイルってどんなマイル?無期限にマイルを貯められる?

デルタ航空グループのマイルプログラムを「スカイマイル」と呼び、デルタ航空の航空券を買ったり、このカードを使って決済をするとスカイマイルが貯まります。

貯めたマイルは、デルタ航空だけはなく、デルタ・コネクション、ハワイアン航空、アラスカ航空、KLM オランダ航空、エールフランス航空でのフライトに利用できます。

マイルの有効期限がないので、好きなときに使えるのも嬉しい特典です。

デルタスカイマイルゴールドのスカイマイル還元率は最大3%!

デルタ航空グループではマイル還元率が1%~3%になります。

通常の国内での買い物では1%、海外での買い物が1.25%、そしてデルタ航空グループの航空券の購入で3%のマイルが貯まります。

デルタスカイマイルゴールドは、その名の通りデルタ航空グループの提携カードなので、航空券を買うだけでマイルがどんどん貯まります。

しかも、それだけじゃありません。ゴールドメダリオンに資格があるので、もっとお得にマイルが貯まる方法があります。

ゴールドメダリオン(上級会員)特典でマイルがもっとお得に!

このカードを使ってデルタの航空券を購入すると、料金の3%のスカイマイルが貯まると説明しました。しかし、それだけではありません。別途「搭乗ボーナスマイル」が付いてきます。

この搭乗マイルは、一般会員なら「1ドル⇒5マイル」なんですが、ゴールドメダリオン特典として「1ドル⇒8マイル」が獲得できます。

急に円ベースではなくドルベースでのお話になったので分かりにくいですね(笑)

ということで、ここからはデルタ航空で「日本⇔ハワイ・ホノルル間」を往復したときに貯まるマイル数を実際に計算してみたいと思います。

デルタスカイマイルゴールドでマイルを貯める!

では、具体的に計算をしていきます。

今回は「ファーストフライト・ボーナス」の25000マイルを獲得する前提でキャンペーンの説明をしましたので、ビジネスクラスの往復で計算してみました。

ハワイ・ホノルルをビジネスクラスで往復したときに貯まるマイル数

デルタ航空でハワイ・ホノルル便の往復の航空券の値段ですが、時期によってかなり変動があります。さらに、成田or関空と、セントレアor福岡では値段設定が違います。

公式予約サイトから閑散期で検索したら、20万円~22万円くらいが多くヒットしたので、今回は22万円で計算します。1ドルの値段は110円で計算します。※理由は「220000÷110」だと計算しやすいからです(笑)

220000円の航空券を買うことで獲得できるマイルは・・・

・220000円の3%⇒6600マイル

・220000円÷110円⇒2000ドル 2000ドル×8マイル⇒16000マイル

・6600マイル+16000マイル⇒22600マイル

22600マイルです。これに今回のキャンペーンでの獲得マイルを合計すると、

・22600マイル+キャンペーンの63000マイル(抽選の10000マイルは除く)⇒85600マイル

合計で85600マイルになります。これだけあれば、エコノミーでハワイに往復できますし、シンガポールやタイ等の東南アジア圏のビジネスクラス往復もできます。

この結果を見て、少しは今回のキャンペーンの凄さと、デルタスカイマイルゴールドの凄さが理解していただけたでしょうか。

そもそもデルタ航空の航空券って安いの?高いの?

ANAで同じ日程のビジネスクラス往復を検索しました。画像をご覧いただくと分かりますが、ほとんど同じような値段設定でした。

ちなみに、せっかくなので同じ22万円の値段設定で、ANAアメックスゴールドを使った場合で、ANAの航空券を買ったときに獲得できるマイルも計算してみました。

220000の3%が6600マイルになるのは、ANAアメックスゴールドもデルタスカイマイルゴールドも同じです。

しかしボーナスマイルの部分で差がでました。

ANAアメックスゴールドは、通常のクレジットカードより25%上乗せでマイルがもらえますが、それでもハワイ・ホノルル往復で7182マイルまでしか獲得できません。※デルタは16000マイル

その代わりに、実際にマイルを使うときには、ANAマイルよりもスカイマイルの方が必要になるマイルの単価は大きくなります。

スカイマイルまとめ

ANAマイルとスカイマイルを比較すると、スカイマイルの方が貯まりやすくて、その代わりに使うときには少し単価が高い、というイメージです。

結果としては大きな差はないと思います。上手に使い分けるのがベストだと思います。

継続ボーナスマイルをお忘れなく

毎年このカードを継続する度に3000ボーナスマイルをプレゼントされます。

2年目以降に自動的に付与さえる嬉しいマイルです。

マイルだけじゃない!デルタスカイマイルゴールドのメリットと特徴!

ここまではキャンペーンの説明と、ゴールドメダリオンの凄さ、スカイマイルの貯め方について解説してきました。

このカードの持つ特徴はまだまだあります。このまま続けてご紹介していきます。

貯めたマイルをJTB国内旅行クーポンに交換が可能

デルタスカイマイルゴールドの保有者で、尚且つデルタ航空の上級会員(メダリオン会員)という2つの条件をクリア(新規カード発行をすれば条件はクリア可能)すると、貯めたマイルをJTB国内旅行クーポンと交換できます。

年間に30000円分までという上限もありますが、国内旅行のパッケージツアーに使用できるので便利です。マイルのまま使っても良し、クーポンに交換して国内旅行のパッケージツアーに使っても良し、選択肢が増えるので色んな方法で楽しめます。

家族カードが1枚まで年会費無料

デルタスカイマイルゴールドは家族カードが1枚までは無料で作成できます。

2枚目からは1枚につき12000円+税で作成が可能です。

空港ラウンジは同伴者1名まで無料で利用可能

ゴールドメダリオンの資格があるので「ビジネスクラスラウンジ」の利用ができます。エコノミークラスの飛行機を予約していても、空港はビジネスクラスが利用できます。

ビジネスクラスラウンジはその名のとおり、ビジネスクラスの搭乗券を持っていないと本来は入ることができません。

ビジネスクラスのラウンジなら、一般のラウンジと違って混雑することもまずありません。食事、スイーツ、お酒、等が食べ放題です。

フライトまでの時間をゆっくりと過ごすことができます。

僕は使ったことがありませんが、ハワイ・ホノルル空港のビジネスクラスラウンジは非常に人気で評判が良いです。「ANAのラウンジよりも贅沢だった!」という声も聞きますので、デルタスカイマイルゴールドに入会した暁には是非行ってみてください。

同伴者も1名までは無料で入れるので、家族カードを無料で作れば合計で4名まではラウンジに入れます。

手荷物宅配サービス(空港)

海外出張のときに出発時に自宅から空港まで、あるいは帰国時に空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送できます。

海外出張先での日本語のサポート

海外出張先でのレストラン予約、医療機関の紹介、緊急時の支援など、世界中のほとんどの国から365日24時間、日本語で電話対応してくれます。

通話料が無料で(またはコレクトコールで)連絡ができます。

プロテクションのサービス

オンライン・プロテクション

インターネット上での不正使用による損害を、アメックスが全額補償してくれます。

リターン・プロテクション

あなたのカードで購入いただいた商品の返品をアメックスが受け付けてくれます。

購入店が受け付けない場合には、購入日から90日以内にアメックスに対して連絡をすることで、購入金額をカード会員様の会員口座に払い戻しが可能です。

ショッピング・プロテクション

購入した商品の破損・盗難などの損害を購入日から90日間、1名について年間最高で500万円まで補償してくれます。

カードの再発行

カードの紛失、盗難が発生したときに新しいカードを無料で再発行を受け付けてくれます。

急ぎの場合は状況に応じて至急再発行も可能です。

旅行中の傷害保険も充実

デルタスカイマイルゴールドはアメックス系のカードなので、旅行時の傷害保険もしっかりしています。海外保険と国内保険に分けて表にしてみましたので、ご覧ください。

海外旅行保険での特典(利用付帯)

補償内容(利用付帯) 基本カード会員 基本カード会員の家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1000万円 最高5000万円 最高1000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円
賠償責任 最高4000万円 最高4000万円 最高4000万円 最高4000万円
携行品損害 最高50万円/1旅行 最高50万円/1旅行 最高50万円/1旅行 最高50万円/1旅行
救援者費用 最高400万円 最高300万円 最高400万円 最高300万円

 

海外旅行保険での特典(自動付帯)

補償内容(利用付帯) 基本カード会員 基本カード会員の家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円 最高1000万円
傷害治療費用 最高200万円 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円 最高200万円
賠償責任 最高4000万円 最高4000万円
携行品損害 最高50万円/1旅行 最高50万円/1旅行
救援者費用 最高400万円 最高300万円

 

国内旅行保険での特典(利用付帯)

補償内容(利用付帯) 基本カード会員 基本カード会員の家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡保険金 最高5000万円 最高1000万円 最高5000万円 最高1000万円
傷害後遺障害保険金 最高5000万円 最高1000万円 最高5000万円 最高1000万円

アメックスのゴールドカードなので、かなり手厚い保険になっています。

デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードまとめ

どうでしょうか。デルタ航空のこと、スカイマイルのこと、お得なキャンペーンのこと、いろいろと紹介してきました。

基本的にこのマイルの魔法使いのブログでは、ANAマイルの貯め方を主軸に、JALマイルの貯め方をお伝えしていますので、そういう意味ではスカイマイルをメインに紹介するのは珍しいかもしれません。

特に現在のキャンペーンはお得でオススメです。

最大で62000マイルが獲得できて、しかもゴールドメダリオン資格が付いてきます。

上記でマイルの貯まり方の詳細を解説しましたが、条件さえ達成すればそれだけでハワイ・ホノルルを往復できるくらいのスカイマイルが貯まるキャンペーンです。

6ヵ月以内に旅行を計画している方には特にオススメです。ファーストフライト・ボーナスを使えるので、1回ハワイに行けばオマケでもう1回行けちゃうようなキャンペーンです。

貯まったマイルは無期限なので、好きなときに自由に旅行ができます。

少しでも興味があれば、まずは下記のボタンから問い合わせだけでもしてみてください。すぐにそこに詳しい申込方法が載ったメールが届きます。

そちらをご覧になって申し込みを希望されれば、そのまま本サイトの紹介扱いで申込みすることも可能です。

その方が公式サイトやポイントサイトからの申し込みよりも新規入会のボーナスポイントが多く貰えますのでお得です。

  

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの魔法使いの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの魔法使いの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

「マイルの魔法使い」のその他の関連記事もどうぞ

  • JALマイル向けのクレジットカードは?【2020年版】マイル還元率とお得なポイントサイト比較!

  • 【転売・物販デビュー】利益がプラマイゼロでもカード仕入れでマイルが貯まる秘密!ヤフオク&メルカリとの親和性は?

  • イオンカードセレクトの9月キャンペーンとお得なポイントの貯め方を比較!年会費無料でメリットしかない?

  • ANAマイルとJALマイルの貯め方の違いを比較!初心者向けのオススメの貯め方「2020年版」

  • Tポイントでお得なポイ活にはYahooカード一択!オススメのポイント貯め方と使い方を比較!

  • アメックスビジネスゴールドの9月紹介キャンペーンは年会費無料+6.8万マイルでポイントサイトよりお得!個人事業主or法人向け!