fbpx
  1. TOP
  2. クレジットカード
  3. ダイナースクラブカードの最もお得な入会キャンペーンとポイントサイト「2020年9月」年会費、メリット、マイル還元率は?

ダイナースクラブカードの最もお得な入会キャンペーンとポイントサイト「2020年9月」年会費、メリット、マイル還元率は?

この記事では「日本の歴史上で初めてのクレジットカード」と言われているダイナースクラブカードについて解説します。

現在は、ポイントサイトからの申込や、公式サイトでのキャンペーンが再開していますので、

  • 最新のキャンペーン情報
  • 最もお得なポイントサイト情報
  • ダイナースカードの特典
  • ダイナースポイントの貯め方、使い方

ダイナースに興味を持たれたあなたのために、できるだけ本カードの特徴を分かりやすく解説しています。ぜひ、続きをお読みください。

目次

最も相性の良いポイントサイトを比較

ダイナースクラブカードと最も相性の良いポイントサイトを比較してみました。

ポイントサイト 獲得ポイント ポイントの円換算
ハピタス 15000ポイント 15000円
モッピー 20000ポイント 20000円
げん玉 150000ポイント 15000円
ECナビ 150000ポイント 15000円
ポイントインカム 150000ポイント 15000円

   

上記の通り、現在では最もお得なポイントサイトは「モッピー」です。存在している100つ以上のポイントサイトで確認しましたが、ここがいちばん高額なポイントが貰えます。

ダイナースクラブカードはしばらくの間、ポイントサイトとの提携がなかったので、いまが大チャンスです。

モッピーの登録はこちらからできます。まだ登録されていない方はどうぞ。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ポイント還元率が10倍になるキャンペーンが開催

ダイナースクラブカードの新規入会キャンペーンは、ポイントが10倍になる超お得なキャンペーンです。

通常では「100円につき1ポイント還元」なのですが、現在はポイント還元率が10倍になるキャンペーンとして「100円につき10ポイント還元」という「買い物金額の1割がキャッシュバック状態」のキャンペーンです。

本キャンペーンは上限は50万円まで使えるので、カード作成後に50万円の買い物をすれば、本来なら5000円相当のポイントのところが、50000相当のポイントが獲得できます。

ポイント10倍キャンペーンはカード入会から3ヶ月

ポイント10倍キャンペーンは、カード入会後から3ヶ月まで適用です。可能な方は3ヵ月で50万のカード決済をオススメしますが、無理に50万円をカード決済する必要もありません。

せっかく個々のお財布状況に合わせやすいキャンペーンをダイナース側は準備してくれているので、あなたの利用金額に合わせてポイントを獲得しましょう。

2019年8月15日までにカード申し込みをして、9月30日までにカード入会された方がキャンペーンの対象となります。

コンパニオンカードとは

2019年5月16日に発表されたコンパニオンカードというサービス。実施はされるのは2019年7月23日からの予定ですので、あくまで事前情報をしてご理解ください。

コンパニオンカードとは、ダイナースクラブカード(ダイナースプレミアムカードも)をお持ちの方に対して、Mastercardのプラチナグレードのステータスを備えた「TRUST CLUB プラチナマスターカード」という2枚目のカードが無料で付帯されるというサービスです。

※ダイナースクラブプレミアムカードの方は「TRUST CLUB ワールドエリートカード」が付帯

国内では利用できる店舗が多いのですが、海外では使えない店舗が多くて評判の悪いのがダイナースクラブカード。そんな中、このコンパニオンカードというサービスは無料でプラチナグレードのMasterカードが付帯されるので、国内外でも利便性が一気に高まります。

コンパニオンカードのポイント

新しく発行されるコンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスターカード)を使って貯まったポイントは、本体のダイナースクラブカードのポイント(ダイナースクラブリワードプログラム)に合算されます。

ただし、ポイント還元率は本来の1%から0.5%になるのでデメリットもあります。

コンパニオンカードの支払い

ダイナースクラブカードのカード利用分と、コンパニオンカードのカード利用分は、同じ銀行口座から請求されます。利用代金の明細についてはカード毎に表示されますのでご安心ください。

コンパニオンカードの年会費

コンパニオンカードの年会費は、本会員、家族会員、共に無料となっています。

ダイナースクラブカードのお得な使い方

ダイナースクラブカードの発行会社は、三井住友トラストクラブ(以前はシティグループ)です。国内ではJCBとの提携があるので、ほとんどのJCB加盟店でカード利用ができます。

ではここからは、ダイナースクラブカードのお得な使い方やカード情報をお伝えしていきます。

ダイナースクラブカードの年会費

ダイナースクラブカードの年会費は22000円+税となっています。

家族カードは1枚につき、5000円+税です。

では、この高額な年会費をあっという間に回収できる特典をご紹介します。

エグゼクティブダイニングで高級レストランが1名無料

ダイナースクラブカードには「エクゼクティブダイニング」というダイニング系の無料サービスが付帯されています。これがめちゃくちゃお得で便利です。

日本国内でダイナースと提携している200以上の高級レストランの利用料金が1名無料になります。金額でいうと、約2〜3万円分が無料になります。

カード会員を含む2名~5名での利用で1名のコース料金が無料になり、カード会員を含む6名以上での利用で2名のコース料金が無料になります。何度も言いますがめちゃくちゃお得です。

もちろん無料だからといって中途半端なコース料理を出されることはありません。そのレストランでオススメのコースが無料になります。

提携レストランにはミシュランの星を獲得しているレストランもあります。この無料サービスで1年間に1~2回ほど利用するだけで、充分にカード年会費分の元が取れる計算です。

ディナーだけなく、ランチのコースが対象になるレストランもあるので、家族での利用や、友人や恋人などの大切な人を誘って豪華な食事をしたいときにオススメです。

ダイナースクラブごひいき予約

「エクゼクティブダイニング」で、他の方からのキャンセルが出た場合に、ダイナースクラブがその予約分を買い取って、ダイナースクラブのLINE公式アカウントにて追加の空席状況を教えてくれるサービスです。

大型連休や週末の埋まりやすい日程で諦めていたお店にも、キャンセルが出たらすぐに教えてくれるのでとても便利です。

ダイナースカードのポイント制度(ダイナースクラブリワードポイント)について

ダイナースクラブリワードポイントの還元率と貯め方

ダイナースクラブカードで買い物をすると「ダイナースクラブリワードポイント」が貯まります。ポイント還元率は1%ですので、1万円の買い物で100ポイントが貯まります。

ダイナースクラブリワードポイントには、有効期限がありませんので、時間に追われてポイントの利用を迫られることもなく、あなたのペースでポイントを貯めて、好きなタイミングで交換したり使うことができます。

コンパニオンカードの還元率

ダイナースクラブカードに無料で付帯されるコンパニオンカード「TRUST CLUB プラチナマスターカード」の還元率は0.5%になります。1万円の買い物で50ポイントが貯まります。

ダイナースクラブ会員のポイントモール

ダイナースクラブには「ポイントモール」と呼ばれるネットショッピングサイトがあります。提携している加盟店にてダイナースクラブカードを使って買い物をすると、ダイナースクラブリワードポイントがお得に貯まります。

ポイントモールのポイントアップ加盟店について

ポイントモールの加盟店は250店舗以上もあり、日用品や食料品から、旅行、ギフト、レストラン、ホテル予約、美容など、各種ジャンルが揃っています。

よそのネットショッピングサイトで買うよりもダイナースクラブリワードポイントが貯まりやすいのでオススメです。

ダイナースクラブリワードポイントの交換について

貯まったダイナースクラブリワードポイントは、いつでも好きな時に交換することができます。ダイナースクラブリワードポイントには有効期限がありません。

専用サイトからログインして交換が可能で、交換できる商品は、お肉、魚、お米、ワインなどの食料品から家電、商品券、ギフト券までいろいろあります。

マイルへの交換も可能?マイル還元率は?

ダイナースクラブリワードポイント航空会社のマイルへの交換は「ダイナースグローバルマイレージ(年間6000円+税)」に加入することで

  • ANA:年間80000マイルまで
  • デルタ航空:年間100000マイルまで
  • ユナイテッド航空:年間100000マイルまで
  • 大韓航空:年間100000マイルまで
  • アリタリア航空:年間100000マイルまで

の5つの航空会社のマイルとの交換が可能です。マイル還元率は1%なので、1000ポイント⇒1000マイルとなります。

ダイナースクラブリワードポイントには有効期限がないので、最初から「ダイナースグローバルマイレージ(年間6000円+税)」に加入するのではなくて、ある程度マイルが貯まってから加入することをオススメします。

旅行保険制度

海外旅行の補償

ダイナースクラブカードの海外旅行保険は、ほぼ全ての補償が自動付帯となっています。

他のクレジットカードでは、家族会員の補償額が減額されることもよくありますが、ダイナースクラブカードではそれもありませんので嬉しいです。

  • 傷害死亡・後遺障害:最高1億円(5000万円までは自動付帯)
  • 傷害治療費用:300万円(全て自動付帯)
  • 疾病治療費用:300万円(全て自動付帯)
  • 賠償責任:1億円(全て自動付帯)
  • 携行品損害:50万円(全て自動付帯)
  • 救援者費用:300万円(全て自動付帯)

国内旅行の補償

国内の旅行保険は、全てが利用付帯になっているので、ダイナースクラブカードで決済しない補償の対象にはなりません。

  • 死亡・後遺障害:最高1億円(利用付帯)
  • 入院:日額5000円(利用付帯)
  • 手術:手術に応じて5万円〜20万円(利用付帯)
  • 通院:日額3000円(利用付帯)

補償の適用条件

詳しくはダイナースの公式サイトにてPDFで記載があるので、保険内容の詳細に興味のある方はご覧ください。

空港ラウンジサービス

国内と海外で合わせて800以上のラウンジが無料

まず最初にお伝えしますと、ダイナースクラブカードにはプライオリティパスの付帯はありません。

ですが、プライオリティパスに負けないくらいの空港のラウンジサービスが無料で利用できます。

厳密には利用出来るラウンジの総数としては、プライオリティーパスより若干少ないことにはなりますが、僕たち日本人が利用する分には十分な数のラウンジを無料で利用することができます。

ダイナースクラブカードの提携ラウンジとプライオリティパスのラウンジを比較すると

国内ラウンジ

ダイナースクラブカードの提携ラウンジ⇒28空港(47ヶ所)
プライオリティパスのラウンジ⇒約30空港

海外ラウンジ

ダイナースクラブカードの提携ラウンジ⇒800ヶ所以上
プライオリティパスのラウンジ⇒1000ヶ所以上

年会費

ダイナースクラブカード⇒22000円+税
プライオリティパス⇒429ドル

※プライオリティパスは、クレジット次第では10000円から取得も可能

ラウンジ利用料金

ダイナースクラブカード⇒会員本人は無料で、同伴者は有料
プライオリティパスのラウンジ⇒会員本人は無料で、同伴者は無料か最大29ドル

わざわざ429ドルの年会費を払ってプライオリティパスを使うくらいなら、ANAダイナースカードの提携ラウンジで充分だと思いますし、少なくとも国内のラウンジに関しては全く申し分のないレベルのサービス内容です。海外のラウンジに関しても、一部の空港を除いてほとんどの空港を網羅しています。

その他のサービス

ダイナースクラブカードには、ポイント制度やキャンペーン、ステータスだけでありません。様々な特典やメリット、サービスが用意されています。

全てをここで紹介しても、把握できないと思いますので代表的な特典をピックアップして紹介します。

海外クラブホテルズ

ダイナースクラブが世界中で提携しているホテルと割引価格や特別な優待サービスを受けることができる「クラブホテルズ」というサービスがあります。

無料で部屋のアップグレードがあったりと、本来ならプラチナカードのレベルのサービスがゴールドクラスのカード(ダイナースクラブカード)で受けられます。

海外クラブホテルズとは別で、国内クラブホテルズのサービスもあります。

優待価格での宿泊、部屋のアップグレード、特別宿泊プラン、レストラン優待、スパの優待割引、ホテル内の割引特典などが受けられます。

ショッピング・リカバリー

ダイナースクラブカードで購入した商品が、不慮のトラブルで破損や盗難に遭ったときは、購入日から90日以内であれば、年間500万円まで補償をしてくれます。

年間500万円までという限度額は、かなり高めの設定です。それなりの高級品でも安心して買い物ができると思います。

国内での買い物も海外での買い物も、両方が対象となっています。

家族や友人、恋人へプレゼントした商品であっても補償の対象です。

海外トラベルデスク

旅行に関する相談を旅先から電話でできます。

行先での観光案内から各種サービスの手配、万が一のトラブル時のアドバイスまで、日本国内でも海外現地でも日本語でサポートをしてくれます。

海外緊急アシスタンスサービス

もしあなたが海外旅行中に病気やケガをしたときに、24時間いつでも緊急医療相談をすることができるサービスです。

多くのケースがそのまま旅行保険での補償を利用することになりますので、海外にて病気やケガで困ったときには電話1本で必要なことが済んでしまう非常に安心なサービスです。

近くに東京海上日動が提携している病院があれば、その場で治療費も無料で済みので、自己負担なしで治療を受けることもできます。

※その他の病院の場合は自己負担後にあとから保険金が振り込まれます。

ゴルフ場の優待特典

ゴルフ関連の優待特典があるのですが、

  • 名門ゴルフ場優待予約
  • プライベートレッスン優待
  • ゴルフ練習場優待
  • フィッティングサービス優待

となっています。

ダイナースクラブのゴルフデスク経由で予約をすると、5000円引きでプレーを楽しむことができます。

全国の優待が受けられるゴルフ場は、北海道から沖縄まで全国の有名な約100ゴルフ場(非公開コース含む)がありますので、どこに旅行に行ってもゴルフを楽しむことができます。

優待は月1回、1組3名以上での申込みが必要になります。

もちろん、プライベートレッスンや練習場優待、フィッティングサービスでも割引を受けることができます。

ゴルフ好きの方には、かなり最高な特典となります。

手荷物宅配、タクシー送迎

海外から帰国したときに、スーツケース等の荷物を1個だけを空港からご指定の場所(自宅や勤め先)まで無料で届けてくれます。

トラベルデスクで海外旅行を予約した場合には、空港までのタクシーを片道分の無料特典も用意があります。

ダイナースクラブカードまとめ

この記事では「日本の歴史上で初めてのクレジットカード」と言われているダイナースクラブカードの特典について解説をしてきました。

  • ANAマイルがとにかく貯まる
  • 空港ラウンジを無料で利用が可能
  • 旅行補償が自動付帯なので便利
  • エグゼクティブダイニングで高級レストランが無料
  • 全国の有名なゴルフ場の優待特典

エグゼクティブダイニングを1回でも利用すれば年会費はペイできるので、カードを作成したら是非ともご利用いただきたいと思います。

また現在は、ポイントサイトからの申込や、公式サイトでの超お得なポイント還元率10倍キャンペーンを展開していています。

今月の最もお得なポイントサイトは「モッピー」です。登録はこちらからできます。まだ登録されていない方はどうぞ。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ANAマイルが好きな方はANAダイナースカードもオススメ

ダイナースクラブが発行するクレジットカードで、ANAと提携している「ANAダイナースカード」というクレジットカードもあります。ANAマイルがお得に貯まるカードなので、ANA好きな方にはオススメです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。年会費は27000円+税です。

ANAダイナースの「2020年9月」入会キャンペーンは9.8万マイル!最もお得な申込方法と特典を紹介!プレミアムの申込方法も?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

\ SNSでシェアしよう! /

マイルの魔法使いの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マイルの魔法使いの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

「マイルの魔法使い」のその他の関連記事もどうぞ

  • 楽天カードはポイントサイト経由と9月キャンペーンで獲得できる最大ポイントは?ポイント還元率では最強のカード!

  • Booking.comカードの最新キャンペーン【3000円+Genius会員】年会費無料で最大16%の割引!お得なポイント還元率や特典も!

  • Polletはハピタス等のポイントサイトでチャージ可能な最強VISAプリペイド!バーチャルカード、アプリ、手数料も解説!

  • ANAダイナースの「2020年9月」入会キャンペーンは9.8万マイル!最もお得な申込方法と特典を紹介!プレミアムの申込方法も?

  • ANA VISA ワイド ゴールドの最新キャンペーンとポイントサイト「2020年9月」お得な特典、年会費、還元率を解説!

  • LOHACO(ロハコ)はTポイントが最大16%も貯まる!「2020年」還元率が最強のポイントサイトとクレカは?